ゴルフ上達にフォーカスした秋田県の打ち放題インドアゴルフ練習場

  • 018-874-8786
  • 月曜定休 9時~21時
  • メールでのお問い合わせ
  • よくある質問

何故練習場では良いボールが打てるのにコースでは打てないのか?

ゴルフスイングで空振り

ゴルフスイングで空振り

 

こんにちは!
秋田のインドアゴルフレッスンスタジオ「ゴルフディア」代表プロの愛甲です!
 
 
ゴルフ練習場ではナイスショットが出るのに、
コースだと出ないという方は多いと思います。
 

それは何故なのか?
 
今回は練習場とゴルフ場の違いと、
コースでもナイスショットを打つためのコツをお伝えします!

 

 

 

【何故練習場では良いボールが打てるのにコースでは打てないのか?】

①人工芝と天然芝の違い
②打つ場所の違い
③メンタルの違い
④コースでもナイスショットを出すための練習方法

 

 

スポンサーリンク

 

 

 
①人工芝と天然芝の違い

1、練習場でのナイスショットは勘違い?

 
練習場の打席マットは人工芝です。
しかしゴルフ場は天然の芝…
 
特にゴルフ初心者の方は、
芝の違いに迷います。
 
 
練習場では多少ダフっても
人工芝なのでクラブヘッドが滑ります。
 
ダフってもボールは飛ぶので、
それをナイスショットだと勘違いすると、
実際のゴルフ場で苦労します。
 
 
ゴルフ場は天然芝なので、
少しでもダフるとボールは飛びません。
 
練習場でもクラブの芯で打てているか
しっかり確認することが大切です。
 

 

2、芝を削るのが怖い 

 
コースに慣れていないと、
天然芝を削るのが怖い、
申し訳ないと感じる方が多いです。
 
これは天然芝に慣れるしかありませんが、
芝を削るのは問題ではありません。
 
芝を削ったあとに
目土!
 
これが大事です!!
 
 
目土については後日お伝えしますね(^^) 

 

 
②打つ場所の違い

ゴルフ場に行くと、
全く同じ状況からボールを打つことはまずありません。
 
毎回違うライ(ボールの置かれている状態のこと)
毎回違う傾斜…
狙う方向も変わりますし、風も違います。
 
ゴルフは自然との戦いですので、
様々な状況に対応しなくてはいけません。
 
そこがゴルフの面白いところの一つですね♪
 
 
その中でも特に、
「傾斜」
に苦労される方が多いです。
 
練習場はほとんど平らですので、
特に初心者の方は戸惑うと思います。
  
ショットが曲がれば山の上や谷底にボールが飛びますので、
さらに傾斜がきつくなり大変です(>_<)
 
 
 
傾斜からのショットにはコツがあり、
ゴルフ場でより多くの経験することが大事になります。
 
通常の練習場ですと練習できない「傾斜地からのショット」ですが、
ゴルフディアではなんと!練習できます\(^^)/
 
傾斜地が苦手な方は是非ゴルフディアへお越し下さい♪

 
 

 

③メンタルの違い

ゴルフ場に行くと、毎回1発勝負です。
悔やんでも、ボールを打ってしまってはやり直しはできません。
 
練習場ではどんどんボールを打てるので、
だんだん調子が良くなりナイスショットも増えてきます。
 
 
しかしゴルフ場では1発勝負。
目の前に池や谷、バンカーがあれば気持ちも変わってきます。
左右がOBの狭いホール、ベストスコアがかかった1メートルのパーパット…
 
ゴルフ場では様々なプレッシャの中ショットを打つことになります。
 
 
ノンプレッシャーの練習場ではナイスショットが出やすいですが、
ゴルフ場で結果を出すためには
プレッシャー下でナイスショットを打つことが必要です。
 
 
また、考え方も違うかもしれません。

プロゴルファーでもナイスショットは1ラウンドで何回もありません。
(周りから見るとナイスショットかもしれませんが)
 
それくらいゴルフ場ではナイスショットが出ないと思ったほうが、
気が楽かもしれませんね(^^)
 
 
スコアアップを考えると、
何回ナイスショットがあったかではなく、
ミスショットを減らす、
またはミスショットの幅を小さくする
方が結果は良くなります!
 
 
ナイスショットを追い求めるだけではなく、
コースで結果を出すために
ミスを減らす練習をしましょう\(^^)/
  

 

④コースでもナイスショットを出すための練習方法

コースで結果が出ない方は、
練習場でも実際のゴルフ場を想定した練習が大切になります。
 
 
ただ真っ直ぐ打つだけではなく、
様々な方向を狙います。
 
ゴルフ練習場には50、100、150ヤードの看板など、
色々な目標物があると思いますので、
それを狙うと良いですね(^^)
 
 
また、毎ショット、コースと同じルーティンで、
イメージも実際のゴルフ場を想定して
ボールを打てると更に良いです!
 
コンペの1番ホール…
周りには仲間が100人見ている…
自分は緊張している…
 
練習場でも自分にプレッシャーを与え、
この中でナイスショットが出ると自信がつき
本番でも良いショットが打てるようになります。
 
 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 
 
いかがでしたでしょうか。
 
 
このように、練習場とゴルフ場では違いがあります。
 
いかに普段から本番を想定して練習できるかが
大切ですね(^^)
 
 
ゴルフディアでは、通常の打球練習だけでなく、
アプローチ・パターやバンカー、コースも回ることができます。
 
実際のゴルフ場で想定される
様々なシチュエーションの練習ができますので、
本番を想定した実践的な練習が可能です。
 
 
また、ゴルフ場でのコースレッスンも開催しますので、
天然芝からボールを打つことにも慣れることができます。
 
 
全てはお客様に
よりゴルフ上達していただくため!
 
是非ゴルフディアにお越し下さい!!

 

 


Top